読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon Photo Life

Nikonで、モータースポーツや航空機を撮ることが好きな40代男の気ままなライフ

2015 F1日本GPでF1マシンをカッコ良く撮る

2015 F1日本グランプリ鈴鹿サーキットで開催された。鈴鹿サーキットでは、F1マシンの走行シーン撮影を目的とした「カメラマンエリアチケット」が販売され、39,100円〜63,800円までの種類があったが、今回鈴鹿でのF1撮影は初めてということもあり、一番安い39,100円のチケットを購入。

このチケットは、2コーナー、S字、逆バンク、スプーンエリアでの撮影が可能であるが、1コーナー、ヘアピンは撮影できない。ただし、金曜日のフリー走行では、1コーナー、ヘアピンでも撮影可能であり、お買い得である。

F1マシンをカッコ良く撮るためにはどうしたら良いか、初の鈴鹿F1ということもあり、いろいろと考えたが、まずは700mmの接近戦で大きく撮ることとした。

今回、フリー走行、予選は逆バンク〜S字にかけて撮影。逆バンクの下の金網越し、メディア穴抜き撮影は最高でした。(多くのカメラマンが何時間も場所取りで待機していて、私も身動きできず、大変な思いを経験しましたが、いい写真が撮れて大満足!!)

f:id:xiaoyanwu0628:20151002184507j:plain

シャッタースピードは早くタイヤの回転は今ひとつであるが、マシン全体がクリアーで雑誌のような仕上がりで大満足な1枚となった。シャッタースピードが早いと連写の必要がなく、自分の好きなアングルで止めることができ、楽しい。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002184721j:plain

フェラーリの赤はやはり特別。光があたりメタリックな感じである。背景がシンプルな分、フェラーリの赤が目立つ。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002184901j:plain

ニコ・ロズベルグルイス・ハミルトンと同じ構図で。ヘルメットとマシンの色が一体でカッコよすぎ。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002185008j:plain

シャッタースピードを落として目の前を通り過ぎるフェラーリ セバスチャン・ベッテルのヘルメット目掛けて、流し撮り!!さすがは、NIKON D4である。腕がなくてもここまでの写真を撮ってくれる頼りがいのある相棒である。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002185159j:plain

レッドブルのダニール・クビアト。F1マシンは派手な方が、写真を撮るものにとっては撮り甲斐がある。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002185726j:plain

F1の流し撮りは相当難しい。でも、ファインダー越しにヘルメットにピントがあった瞬間、カメラマン冥利に尽きる。これがあるから、スローシャッターもやめられない。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002185915j:plain

いろいろなシャッタースピードを試したが、自分の好きなシャッタースピードは、1/80だった。そこそこヒットするし、マシン全体が崩れず、タイヤの回転もそこそこあるので、来年のF1は1/80から1/40までの間でトライしてみたい。

f:id:xiaoyanwu0628:20151002190132j:plain

フォース・インディアのメタリックな感じがとても気に入っている。特に、セルジオ・ペレスのヘルメットはマシンとマッチングしており、カッコいい。

今回、3日間で5,000枚近く撮影したため、現像でき次第アップしていきます。

 

撮影機材:NIKON D4+AF-S NIKKOR 500mm f/2.8 ED VRⅡ(+テレコン1.4Ⅲ)

 

ご訪問有難うございました!!

ぜひ、ポチッとお願いいたします。(現在のランキングを見ていただけます!!)

にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村